相手に喜ばれるプレゼントを贈ろう|還暦祝いに相応しい品選び

素直な気持ちを伝える

電報

しっかりと大切な言葉が届く

卒業式や入学式、結婚式などで御祝いの電報が届きます。電報というものは、フォーマルな場でのメッセージというイメージがあります。電報は、簡素な文章で想いを伝えるという日本人が得意なジャンルになります。電報での文字数は多くても60文字程度です。それに想いを乗せるというのは日本人の特技であり、そこから想いを読み解くのも日本人の特徴です。御祝いに電報を贈ることで、驚きと喜びの顔を見ることができます。電報と手紙を比較しても、心のこもった言葉を必要最低限の文字数で贈ることでストレートに相手に伝わります。普段は口に出して言えないような感謝や恥ずかしくて言えない想いを伝えるために、身近な人に贈る事でその言葉がとても大切に感じてもらえます。

プレゼント電報などで想いを伝えよう

電報の種類は一般、御祝い、お悔やみの三種類に分かれます。一般は簡素な物で、連絡用の電報です。御祝いにはいろいろな種類の電報台紙があります。ぬいぐるみ付きやオルゴール付きなどのプレゼントが一緒に届くタイプです。もしも、相手がオルゴールが好きな人であれば、市販されていないオルゴールなのでとても喜んでくれるでしょう。ぬいぐるみも市販品ではなく電報専用のぬいぐるみになります。ぬいぐるみのコレクションが好きな人にはとてもうれしいサプライズです。このようなプレゼントとして贈る事で、想いを綴った文章を相手に届けることができます。相手もとても気にかけて選んでくれたと思ってくれます。言葉の厚みを増す粋な贈り物になります。