相手に喜ばれるプレゼントを贈ろう|還暦祝いに相応しい品選び

購入方法が選べる

お皿

花はプレゼントとして定番であるため誕生日や記念日に贈る人は多いです。花を購入する場合はお店で購入するのが一般的でしたが、最近では届けて欲しい場所へ配達してくれるサービスも行なっているお店もあるのです。

もっと見る

プロポーズに定番

男の人

プロポーズではプレゼントとシチュエーションが大切になってきます。そのため、贈るものは人によって異なりますが花束と指輪を贈る人が多く、ゴージャスな花が選ばれています。最近では、プリザーブドフラワーも人気を集めているのです。

もっと見る

困ったときの味方

男性女性

引き出物の歴史は平安時代から

引き出物の歴史は平安時代、結婚式に参列した人に用意したお土産を馬が引いて見せたことから「引き出物」と呼ばれるようになりました。そして当時は現在のような結婚のお祝いのお礼と言う意味で贈るものではありませんでした。庶民の間に広まったのは明治時代以降で、多くの人が苗字を持つようになって家と家の結びつきが重視されるようになると庶民の間でも結婚式が行われるようになり、それとともに引き出物の文化も浸透していきました。引き出物の品も料理を持って帰っていた時代があり、少し前までは重くてかさばる物が定番でしたが最近ではライフスタイルの変化から軽くてかさばらないカタログギフトや実用品が好まれます。時代とともに冠婚葬祭の習慣も変わっていきます。引き出物も同様なのですね。

カタログギフトは便利

引き出物は、物が少なかった昔は重い物をたくさん贈るのが習わしでした。しかし最近では、遠隔地からの参加を考慮してこのような傾向はなくなりつつあります。近年人気の引き出物はカタログギフトが断トツの人気です。招待客が多様化する現在の結婚式で招待客全員に喜ばれる物を選ぶのは困難を極めるため、自分で選べるカタログギフトを贈るカップルが多いです。筆者も今まで出席した結婚式の引き出物のうち9割がカタログギフトでした。そして最近では一口にカタログギフトと言ってもグルメやブランド、旅行、キャラクターに特化した物が増加しバリエーションが豊富になってきています。一方で一人一人招待客に合わせた引き出物を選ぶカップルも増加傾向にあります。少人数での結婚式が増加してきたからこそ可能なのでしょう。カタログギフトは便利ではありますが、絆を大事にする昨今このような引き出物も増えていくかもしれません。

様々な場面で使用できるカタログギフト

カタログギフトは引き出物の他にも、還暦祝いや内祝いなど様々な場面で使用できます。還暦祝いや内祝いなどの贈りものの品で迷った際には利用してみるとよいでしょう。

素直な気持ちを伝える

電報

御祝いごとでは相手に気持ちを伝えようとした時に電報が使用されます。電報に使用できる文字数は限られていますが、これを贈ることで相手にきちんと気持ちを伝えることができるのです。

もっと見る